水漏れは、ゴムの経年劣化が原因の場合が多いです。

 

引越し後に洗濯機から水漏れしてしまった場合、まず第一に考えられるのが部品の劣化です。

 

 

洗濯機には給水・排水などの各ホースやゴムパッキンが取り付けられていますが、水抜きをしたにも関わらず水漏れしてしまった場合、これらが劣化している可能性が考えられます。

 

特に水漏れの大きな原因になる部品がゴムパッキンです。

 

最後にゴムパッキンを交換したのはいつだったか確認してみましょう。

 

ゴムは数年経過すると徐々に硬化していきます。

 

 

また、ゴムパッキンには常に力(水圧)がかかっているため、旧居の水栓の形に変形したままといったこともあります。

 

 

このため、洗濯機を新居に運んで設置した際に、水栓の形が違ってゴムパッキンがうまく入らないこともあるのです。

 

水栓との間に隙間ができてしまい、そこから水漏れしている可能性があります。

 

ゴムパッキンの隙間の確認、そして劣化しているなら交換を検討しましょう。

 

 

 

パッキンの劣化が原因として考えられない場合は、給水・排水ホースの確認も行いましょう。

 

各ホースも同様に、数年も経つと劣化していきます。

 

このため、ホースや蛇口や洗濯機とうまく接続できておらず、隙間から水が漏れていることもあるのです。古くなっているなら交換をお勧めします。

 

 

ホースを交換するときは必ず蛇口を完全に閉めてからにしましょう。

 

そして、ゴムやホースの劣化が原因でない場合、洗濯機そのものがしっかり設置できていないこともあります。

 

 

斜めに傾いていないか、洗濯機置き場のサイズに合っているかを確認してください。

 

その上で業者に再設置を依頼するか、場合によっては買い換えが必要になります。