動作不良が起きることがある為、立てて運ぶ事が原則。

引越し業者に洗濯機の運搬を全て任せる場合には心配がいりませんが、引っ越し先が家から近く、自分たちで運んでしまおうという方は運搬時には横倒しや横積みには注意して下さい。

 

 

特に洗濯機は、大きな家電とは言え意外とデリケートなものなので、扱いは厳重に行って下さい。

 

 

全自動洗濯機は、横向きに置いたり横積みにしたりしても大丈夫なように作られているものではありません。

 

 

購入時に家に届いた時を思い出してみてください。

 

届けに来たスタッフが箱をまっすぐな状態にしたまま、設置場所まで運んできたことでしょう。

 

これには理由があります。

 

 

洗濯機の内部にある洗濯槽は、実は固定されているわけではなく、つりさげられているのです。

 

ですからとても不安定ですし、横向きにするとつりさげている部品が破損したり外れたりしてしまうこともあるのです。

 

横向きにしたことで内部軸がずれると、異常回転が起こるなどのトラブルの原因となってしまいます。

 

 

二層式の洗濯機の場合は、全自動ほど横向きに置いてはいけないとは言われていませんが、本来は立てて使うように作られているため、横積みにしたりすると外面がへこんでしまったりすることもあります。

 

 

やはり基本的には立てた状態で移動しましょう。

 

また、ドラム式の洗濯機も、横積みしてはいけません。

 

 

輸送用のネジというものが付いているはずなので、このネジをきちんと装着してドラムが動かない状態にして移動することが必要です。

 

 

移動が済んだら使う前にネジを外すことも忘れないようにしましょう。

 

このように、ちょっとしたことが原因で故障しやすい洗濯機ですから、まずは自分が使っている洗濯機のタイプを知り、移動するためにどのようなことに気を付ければいいのか確認するようにしましょう。