洗濯機は運搬後に故障の多い荷物の一つです。

 

 

引越しをしてから洗濯機の調子が悪いというのは、意外と多いトラブルです。

 

もしも引越し後、洗濯機が故障してしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

 

まず、運搬方法を誤ると、このような症状が出ます。

 

  • ゴトゴトと内部からうるさい音がする
  • 洗濯層が上手く回っていない
  • 水漏れが起きるようになった

 

もし、調子がおかしいと思ったら、依頼した引越し業者にすぐに連絡をしましょう。

 

 

引越しが終わってから時間がたてばたつほど、原因があいまいにされてしまいます。

 

 

ただ、落下させたり傷をつけたりという時以外は保証対象外と言われたり、洗濯機は振動に弱い物なので仕方がないと言われたりすることは、多いようです。

 

 

たとえ明確に落としたということがなくても、明らかに引越し後に故障していれば、保険対応となりますので、強気に交渉して下さい。

 

 

もし、修理できそうな状態であれば修理代金を支払ってもらい、交換の場合は新しい物への交換となります。
引越し約款により、新品の購入にはなりません。)

 

 

引越し業者によっては、会社自体が保険に入っていないこともありますが、そういうケースでは業者側の実費による弁済となります。

 

 

また、家電製品を購入する際、メーカー保証が付いてきますが、この保証についても注意が必要です。

 

日常生活における自然の状態で使っていた場合の故障であれば保証サービスの対象となりますが、引越しや輸送等によって生じた故障については保証サービスの対象外というメーカーが多いようです。

 

 

結局、故障の原因が業者なのか、自然劣化や環境変化なのか判断が難しい場合は、メーカーや電気屋さんにつきとめてもらう方法も推奨します。