洗濯機の引越しの格安業者の見つけ方

引っ越しで洗濯機だけ運ぶならどこが激安なのか気になりますね?

 

実は、これ下記サイトでかんたんに調べることが出来ます!

 

 

 

無料で一括査定の引越し価格ガイドはクロネコヤマトも参加中!)

 

 

たとえ、洗濯機一つでも、サイズが違えば重量も異なってくるので、
どこも同じ料金にはなりません。

 

 

必ず、高いとこ・安いとこが出てくるのが現状なんです。

 

 

なので、複数見積もりが必須なんですね。

 

 

ただ、比較しただけで引越し料金が半額以下にまで下がったなんて事も実際にあるんですよ。

 

 

それに、業者によっては家電一つの輸送が得意、複数点の運搬が得意、
長距離や近距離が得意など、各社によって特色が異なります。

 

 

こういった条件によってもそれぞれの料金は変わってきます。

 

だけど、一社ずつ調べていくのはとっても大変ですね。

 

 

こんな時のために、無料の一括査定サービスがご用意されています。

 

 

 

洗濯機は運搬の難しい家電の一つです。

 

横にして運んでしまった結果、騒音がひどくなって故障したなんて事例も実際にあるんですよ。

 

なんの保証もなく、運賃が安いだけの下手な業者で壊れてしまっては元も子もありませんね。

 

 

だからこそ、最大手の業者が参加している一括見積もりだけで比較される事をお勧めします。

 

 

もちろん、全てご利用料は無料なので、この機会に是非とも料金の節約をしてみてください!

 

 

人気の一括見積もりサービスTOP3

 

引越し侍

最大で差額50%OFFにする事も可能な引越し侍は、利用件数が2000万件突破の今人気の見積もりサービスです。

 

運送業からは、ヤマトや佐川を筆頭に、引越しではアートやアリさんなど大手が多数参加中で、

 

最大で10社までの見積もり比較が出来るので、最安値を見つけるのもかんたんです。

 

満足度は95.2%と高く、キャッシュバックキャンペーンもやってます!

 

詳しくはこちら

 

ライフル引越し

ライフルは、大手はもちろんの事、激安業者の代表格である赤帽の営業所も地域により参加中です。

 

見積もりを取りたい業者や、比較可能な業者が一覧で表示されるのでお気に入りの業者だけに料金提示をしてもらう事も可能です。

 

大手業者によるプレゼント特典やホームズ限定特典などお得なキャンペーンも期間限定で実施しています!

 

詳しくはこちら

 

ズバット引越し

利用者の件数が400万人と知名度のあるズバット引越しは、

 

220社以上の業者の中から最大で、10社まで見積もり比較ができます。

 

入力も最短1分で完結し、ネットでの操作が不安な方のために、電話からの受け付けも可能となっています。

 

こちらも国内の大手企業が多く参加しています!

 

詳しくはこちら

 

大体の料金を調べるだけのご利用でも大丈夫です。他にも運んで欲しい引越し荷物があれば、そちらも併せて見積もり額を出してもらって下さい!

 

洗濯機だけでも料金が異なる理由は?相場は?

 

洗濯機の引越しは、単品で運ぶ場合には引越しの距離、引越し先の状況、自分でも作業ができるのか、全て業者に頼むのか、などといった細かな条件によって、料金に大きな差がでます。

 

主に引越し業者、運送会社の家財宅配などのサービス、赤帽などの軽貨物業者がありますが、どれを選べば最も格安で引越しができるのかは、それぞれのケースで違います。

 

 

洗濯機だけを単品で運ぶということであれば、家財を1点からでも配送してくれるサービスを利用するのが一般的でしょう。

 

  • クロネコヤマトのらくらく家財宅急便
  • SGムービングの単品プラン(佐川急便の引越し部署)
  • アーク引越センターの大物限定プラン
  • 日通、ヤマト、佐川の単身パックプラン

 

このサービスは家具でも電化製品でも、梱包、積み込み、荷降ろしまでスタッフがやってくれますので、一人の引越しでも心配ありません。

 

普通の全自動洗濯機で近距離であれば、相場として6,000円〜7,000円前後で運んでもらうことも可能ですし、500q以上の遠距離でも10,000円〜12,000円前後で運べますので、かなりお得です。
二層式やドラム式の場合は、追加料金が発生する場合もありますので、先に確認しておきましょう。

 

※送料が一番安いのは宅配便ですが重量が25kgまで、サイズ160cm以内と決まっているため、洗濯機の配送はできません。

 

また、何かと注意が必要で手間のかかる洗濯機の設置も、別料金で頼めますので、設置がうまく出来ないといった心配もありません。

 

取り外しと取り付けの料金は、全自動洗濯機で5,000円程度、ドラム式なら10,000万円前後です。
取り外しまでは自分で出来るのであれば、さらに安くなります。

 

 

赤帽などの軽貨物業者は、基本はスタッフ1人で来ますので、重量のある洗濯機なら作業の手伝いが必要です。
もし自分で作業を一緒にできない場合は、別料金を払って2人で作業してもらうことになりますので、コストは上がります。
また、距離が遠ければ遠いほどどんどん料金が上がりますので、ごく近距離の引越しで、自分でも作業ができる場合に限った方が良いでしょう。

 

 

しかし、これらの料金比較を、自分で全て行うのはかなりの時間と手間がかかります。

 

インターネットの一括見積もりなら、洗濯機だけ単体で、などの引越しに対応してくれる業者もわかりますし、比較も簡単です。

 

引越し料金は、時期や時間帯、場所などによっても開きがありますので、こうしたサービスを上手に利用して、賢く引越しをしましょう。

長距離区間、洗濯機を引越しさせる場合に激安になる運送方法は?

仮に、引越し荷物が洗濯機だけのような少量であれば、運送方法の選択肢を広げるだけで激安になる場合があるので、見ていきましょう。

 

混載便で半額以下になるケースも!

 

混載便は、同じ方向に向かう荷物を、同じ大きなトラックで運送する方法です。
異なる荷主同士で料金を支払う事から割り勘便とも呼ばれます。

 

引越し業者は、チャーター便というトラック貸し切り輸送のため、現地までの距離、専用スタッフや専用トラックになるため経費が高くついてしまうのが現状です。

 

一方で、混載便は大型トラックでまとめて運ぶため、人件費や燃料代、トラック代を均等割りにするため安くなるという仕組みです。

 

一例として、北海道〜九州までの距離で15万円程度の見積もりから、混載便にした結果半額以下の7万円程度まで下がったケースもあるんですよ。

 

この混載便は、ヤマトや佐川といった運送業者が採用している方法のため、運送業だと単品輸送の運賃が安く上げれるのは、こういった理由からなんですね。
もちろん、引越し業者でも長距離区間の引越しを得手としている企業であれば採用しているので見積もり比較は欠かせません。

 

洗濯機だけとか少ない荷物の引越しであれば安くするためのな方法です。

 

500km以上離れている距離ならコンテナ便がお得!

 

コンテナ便は、列車にコンテナを積み込み、JR鉄道で目的地まで運ぶため、車に比べて費用の削減をする事が可能です。

 

洗濯機だけの場合でも、引越し距離が500km以上離れている場合には、ご利用を検討しても良いでしょう。

 

(日通の単身パックXもコンテナ便で、距離は150km以上と比較的短めです。)

 

このプランの流れは、

  1. 業者がトラック(またはコンテナを積んだトラック)で荷物を回収、
  2. その後JRの列車に積み込み、
  3. 目的地の駅までお届け、
  4. トラックで新居先にお届け

という順序になっています。

 

ヤマト運輸や日通、アリさんマークの引越し社もこのサービスを担っています。

 

条件はあるが、帰り便でも費用削減は可能!

帰り便は、トラックが目標地点に到着した後、出荷元に戻る際に荷物を積んで帰る事から帰り便と呼ばれます。
長距離の区間を、トラックが空荷で帰るのは、燃料代や高速代がどうしても無駄になってしまいます。

 

しかし、この帰り便を活用すれば、荷台が空になるという経費の無駄を省け、その分も荷主に還元できるため、事業者もお客さまの配送費安くなりも相互利益の関係となります。

 

ただし、引越し業者では現状、流通はしていませんが、赤帽や運送業者ならネット上で予約を受け付けているので1度参考にして下さい。

いくら洗濯機だけの引越し料金が安くても気をつけたい業者とは?

いくら、洗濯機だけの引越し料金が安くても、使ってはいけない業者というのもあります。
後々、割高でも他のしっかりした業者を使っておけば良かったと後悔しないように注意して下さい。

 

NGダメ業者:荷造りや養生をしてくれない

 

洗濯機はボディが弱いタイプもあり、傷がつかないように梱包をしてから運び出さないと、積み込み時や運搬時に破損を起こし、結果として故障する可能性があります。

 

通常の業者では、専用資材であるキルティング材で保護をし、運び出しますが、雑な業者だとそのまま持ち運びしてしまうので注意して下さい。

 

よって、荷造りを行ってくれない業者は要注意です。

 

養生とは、建物の壁にマットやシートをあてたり、廊下にもダンボールやシートを敷き傷を付けない方法です。

 

洗濯機のみなら養生を行う業者も少ないですが、2階に階段で上げる場合や、狭い入り口を通す場合、設置先には簡易養生でも行う業者を選ぶべきです。

 

対処法は、見積の時に、洗濯機の梱包や建物の養生は行うのか尋ねて下さい。

 

 

NGダメ業者:保険に未加入

 

洗濯機は、家電のため引越し荷物の中でも、壊れやすい部類に入ります。
ドラム式は重いタイプになると80kg近くになるので、搬送時に引越し作業員が落とす危険性もあります。

 

もし、運送途中に紛失や盗難、また故障といった場合には保険でカバーしてもらわなければいけません。
(最大で1000万円まで:引越し保険をもっと詳しく知る

 

ただし、引越し保険の加入は強制ではないため、未加入の業者も存在します。
壊れた場合は、業者が実費で修理に出す会社もありますが、そうでない場合はのらりくらりと責任逃れをする業者もあるのでご注意ください。

 

また、運送業者の場合は、保証額に応じてこちらで加入する必要がある業者もあるため、見積もりの際に良く確認して下さい。(1万円保証につき10円程度)

 

NGダメ業者:許認可を受けていない業者

 

運送の許認可を受けているかどうかはナンバプレートの色を見れば分かります。

 

  • 緑色のプレートに白色のナンバー:引越し業者、運送業者など
  • 黒色のプレートに黄色のナンバー:赤帽など軽トラックで運送する業者など

 

上記のナンバープレートを付けているのが国土交通省から認可を受けた正規の運送業者となります。

 

反対に、運送の許可を受けていない場合は、白色のナンバープレートに緑色の文字になります。
これはいわゆる白タクと同様で、自家用車を使って荷物を運搬しているため、何かのトラブルにあった際に保証面での不安点があげられます。

 

また、引越し業者でも繁忙期に入ると認可を受けていない下請けに仕事を回す場合もあります。
こちらも、上記と同様に見積もりの際には、その業者の正規の社員が来てくれるのか確認を行って下さい。

引越し前に洗濯機の買い替えも検討しよう!

洗濯機は引越し後の環境の変化でも動かなくなるという事が稀に起こります。
結局、新調し無駄に運賃を支払ってしまったとならないためにも、一度新しい洗濯機への買い替えも検討して下さい。

 

寿命や壊れる前兆のサインってあるの?

 

洗濯機の寿命ですが、8年〜10年程度を目安にして下さい。
メンテナンスを含む日常の扱い方や使用頻度でも異なるので、ここまでの期間と断定するのは難しいと思います。

 

そこで、サインとして判断する場合は、

  • 作動させてもすぐ止まったり、
  • 脱水が出来ていない、ドラム式なら乾燥が出来ていないケース
  • 水漏れが頻繁に起こるようになった、
  • 洗濯機本体やコードが熱くなる、
  • ニオイや異臭を発するようになった、
  • 洗濯中にゴトゴトうるさい(洗濯槽のズレ)

 

のような症状が起きる場合には、買換えの検討をされる事をお勧めします。
これは、引越し後の症状でも起こりうる現象なので、設置後の動作確認は必須です。

 

関連ページ:
洗濯機は横積み・横倒しは厳禁
引越し業者が下手な運搬をして、故障していた場合

 

(参考までに、その他の白物家電(エアコンや冷蔵庫など)も10年程度が寿命と考えて下さいう。)

 

購入の際の容量はどれぐらい?

 

洗濯機を初めて買われる場合の、容量の目安は、1人当たり1.5kg〜2kgあたりで選ぶのが最適です。

 

  • 単身なら3kg程度
  • 2人暮らしなら4kg〜5kg程度
  • 3人家族なら7kg程度
  • それ以上なら8kg〜10kg程度

 

もあれば十分です。

 

参考値として重量は、全自動も、二層式洗濯機も容量3kgあたりなら20kgぐらいで、容量10kgとなると重量が40kg辺りとなります。
ドラム式は重く最大で80kgにも上るので、自力での引越しは難しく、運搬スタッフも2名〜3名は必要になります。

 

縦型と横型って何?

こちらも参考情報となりますが、縦型とは洗濯槽が立ててある(全自動洗濯機など)事で、横型とは洗濯槽が横になっている(ドラム式洗濯機)タイプを指します。

 

また、縦型の方が、洗浄力に優れており、ドラム式の場合は乾燥能力に優れています。

 

電気代はどちらともそれほど違いませんが、水道代はドラム式の方が少ない水で洗えるため、安くなります。
購入費用は圧倒的にドラム式の方が高い為、縦型式の方が購入者は多くなっております。

期間限定なら家電レンタルサービスの活用もお得!

 

単身赴任で期間限定の一人暮らしをする人や急な転勤などで新しい家財道具を購入する時間がない人に向けての最適なサービスに、家電のレンタルというものがあります。

 

必要な期間だけ使うことができるので、高い料金を払って購入して引越し後に処分またどこかに配送することもありません。

 

家電製品のレンタルは、最近では大手の企業でも実施している人気のサービスなので確認して下さい。

 

クロネコおまかせレンタル

 

まず、クロネコヤマトでは『クロネコおまかせレンタル』というサービスを提供しています。

 

このサービスは、冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビ、照明、クリーナーなどの家電製品や家具を購入価格の約70パーセントという価格でレンタルすることができます。

 

最短3日で届けてもらえるので、引越し後すぐに使えるというのも助かります。

 

また、配送のみではなく設置までしてもらえるので女性でも安心です。
(取り付けに特殊な部品が必要な場合は、別途料金がかかります。)

 

中途解約OKなので、レンタル契約より短い期間しか使わなかった場合は使わない期間の料金が返金され、最長で2年です。

 

料金は、例えば洗濯機のみの場合、1年で12900円となり、2年で16500円と期間が長いほど割安になります。
(配送料は別途必要で片道2300円)

 

洗濯機の容量は、全自動4.2kg〜5kg(2人分なら十分な容量)となっており中古だけでなく、新品のレンタルも可能です。

 

保証もあり、生活で使っていて自然に故障した場合は、無料で代替品との交換も可能です。

 

他にも様々な企業が家電製品のレンタルを実施しており、レンタルできる家電製品の種類や金額、時期については様々です。

 

かして!どっとこむ

 

かして!どっとこむの場合は、

 

洗濯機30日1年2年
全自動洗濯機(4.2kg) 10800円 16200円 22680円
新品レンタルの場合 なし 25920円 28080円
全自動洗濯機(7kg) 21600円 32400円 45360円
新品レンタルの場合 なし 45360円 48600円
ドラム式(9kg)
新品レンタルのみ
なし 151200円 172800円

 

 

30日から借りれるのは中古のみで、レンタル期間の最長は中古品は2年まで、新品は4年までです。

 

ドラム式は新品のみのレンタルとなります。

 

送料は、無料配送と有料配送エリアで区分けされ、無料配送の場合、4320円以上のレンタルであれば無料、それ以下の場合は一律で1080円です。

 

また、有料配送エリアの場合は、洗濯機だと9200円の送料が加算されます。

 

保証は、利用者の過失が無く自然故障の場合は、代替品との交換が可能です。

 

 

レントイット

 

レントイットは、リユース品のみのレンタルとなり、洗濯機(4.2kg)だけの場合は、

洗濯機(4.2kg)日数 料金
30日間 9300円
90日間 10100円
半年間 10900円
1年間 12600円
2年間 17500円

送料は別途見積もりが必要となります。

 

アムスなんでもリース

 

アムスレンタルリースの場合は、システムが少しややこしいですが、新品は1年から中古は3ヶ月から洗濯機のレンタルが可能です。

 

4.2kg全自動 レンタル期間      

中古レンタル

1ヶ月(月/5050円) 3ヶ月(月/3050円) 6ヶ月(月/1850円) 12ヶ月(月/950円)
新品リース 1年(月/2800円) 2年(月/1550円) 3年(月/1150円) 4年(月/1000円)
5kg全自動 レンタル期間      
中古レンタル 1ヶ月(月/11850円) 3ヶ月(月/5500円) 6ヶ月(月/3400円) 12ヶ月(月/1800円)
新品リース 1年(月/6500円) 2年(月/3600円) 3年(月/2700円) 4年(月/2200円)

 

借りる月数が多いほど安くなり、また、1日からの短期レンタルも可能と公式サイトで記載されているのでご希望の方はお問い合わせください。
配送・設置費用は4320円〜となり、途中解約による残金の返金は出来ないようです。

 

 

上記全てサービスは、料金やサービス内容が異なっている場合がありますので、申し込み前には公式サイトでの確認を必ずお願いします。

 

以上、洗濯機だけのレンタルは意外と少なく、冷蔵庫とセットのリースが多くまた料金もお得になる店舗が多くなっています。

 

他にも、レンタルしていた家電製品を買取ができる企業もあり、他にも修理交換無料、返却時に無料で回収など、サービスも多岐にわたります。
ウェブ上ではレンタル店舗数が多いのでそれぞれチェックしてみて下さい。

 

更新履歴